186国会版『国会議員三ツ星データブック』を発行しました

スクリーンショット 2014-09-17 1.49.25

 

2014年1月から6月に行われた第186通常国会の『国会議員三ツ星データブック』を発行しました。

なお、こちら万年野党の会員には、会員特典として無料でお送りいたします。

入会希望は、こちらから

今回からは、ISBNコードをつけ定価1,500円+税で書店で販売する「販売版」を別で作成しました。Amazonでも購入頂けます上、衆議院第一・第二議員会館の売店ほか書店にも並ぶ予定です。

また、『国会議員三ツ星データブック』は、図書館流通センターからもストックブックに採用されたとの通知もいただきました。是非こちらのページをご覧のみなさまには最寄りの図書館に取り寄せの働きかけなどもして頂ければ幸いでございます。

 

国会議員三ツ星データブックとは

国会議員に選ばれながら、任期中ほとんど発言していない議員がいる——。そんな事実に気付いたことがこのプロジェクトを始めるきっかけでした。これまでに2012年総選挙版、2013年参議院選挙版を発刊、その後は、国会会期ごとに「国会議員のデータブック」を作成しています。2013年12月に第182.183国会版、2014年4月に第184.185国会版を発行したのに続き、今回お届けするのは、国会会期版第3弾。2014年1月から6月まで開かれた第186通常国会を中心に集計しました。
この小冊子は、国会における国会議員の「通信簿」ですが、大きく3つの項目から評価しています。1つ目は質問の回数です。衆議院議員はさらに質問時間も評価項目に加えました。2つ目が国会議員として自ら法律案を提案する「議員立法発議者」に名を連ねた数。そして最後が、国会議員の権利として使うことができる「質問主意書」の提出件数です。
本書では、この3つの項目で上位にきた議員を選び出して星を与えるスタイルにしました。有名なレストランガイドの手法です。ですから、国会で質問をたくさんし、議員立法をやり、質問主意書を出している国会議員が本書では三ツ星ということになります。
ただこの方法だと、国会の慣行から質問の機会が少ない与党議員や委員長などが不利になるため、国会の要職である議長・副議長・委員長や、内閣の要職である首相・大臣・副大臣・大臣政務官・首相補佐官・官房副長官にも無条件で星1つを付けました。
本来、国会議員の評価は、国会での活動で決めるべきです。ところが、議員の国会活動については驚くほど情報が少なく、会議の出欠すらデータは公表されていません。
私たちは、国会議員を選ぶ時、テレビへの露出度や見た目の格好良さ、選挙の時の魅力的なささやきだけを基準にしていないでしょうか。過去の国会での活動実績をきちんと検証し、次の国会に送り出すかどうかを決めてはどうでしょう。
議員個人に目を向け、その人が本当に仕事をしているのかを検証する。本プロジェクトが、そんな民主主義の質を高めるキッカケになれば幸いです。

 

【これまで発行した三ツ星データブック】

 

◇ 184.185国会版  国会議員三ツ星データブック【2013年7〜12月 質問王ランキング】

185国会議員三ツ星データブック

 

◇ 182.183国会版  国会議員三ツ星データブック【2013年1〜6月 質問王ランキング】
183国会版三ツ星データブック

 

◇ 国会議員三ツ星データブック【2013年参議院選挙版質問王ランキング】

◇ 国会議員三ツ星データブック【2012年総選挙版質問王ランキング】

 

国会議員三ツ星データブックは、

衆議院第一・第二議員会館でも販売中です!

衆議院第一議員会館B1売店「竹山商店」

衆議院第二議員会館B2売店「おかめ堂」