外国人材活用セミナーを開催しました 4月7日

2016年4月7日有楽町にて
外国人材活用セミナーを開催しました。
外国人活躍当日会場

パネルディスカッションでは外国人材活用にむけて政府の制度改正(藤原 豊 氏  内閣府地方創生室次長・国家戦略特区担当)の動きを紹介するとともにパネリストの堺屋 太一氏 (作家、元経済企画庁長官)、梅澤 高明 氏 (A.T.カーニー日本法人会長)、毛受 敏浩 氏 ((公財)日本国際交流センター執行理事)、Phil McAuliffe 氏 ※逐次通訳入り(オーストラリア政府移民・入国管理省移民政策担当官)による活発なディスカッションが行われました。

一部をご紹介します。オーストラリアは移民政策でうまくいっている国の一つですが今回は、駐韓国オーストラリア大使館主席移民政策担当オフィサー兼移民・入国管理担当一等書記官のフィル・マカーリフさんによる「外国人技能労働者の受け入れに関するオーストラリアの経験」についてお話いただきました。

下記部分書き起こしです。
オーストラリアは歴史の若い国ですが移民受け入れに関して長い歴史があります。移民省は1949年に設立し人口を増やすために移民を受け入れています。移民があるからオーストラリアがあるといえます。オーストラリア人の四人に一人が海外生まれです。オーストラリアは移民なしではオーストラリアとはいえないということです。

〜中略〜

成功の秘訣は、関係省庁、州政府、ビジネス・産業界、一般国民と対話をしっかりおこなった上で政府が毎年移民の数を決定することです。また外国人技能労働者を獲得するためには国際競争力が必要で人手の需要と供給を見据え、手続きの簡素化、システムの柔軟性と一貫性が重要です。