シンポジウム・セミナー

2017年2月1日 トラストシティーカンファレンスにて
万年野党シンポジウム 三ツ星国会議員と語る「2017年日本の展望」を開催しました。

20170201日本の展望パネリスト
アメリカの入国ビザ問題から日本の移民政策、保育所問題、なぜ4回も選挙があったのに野党は負け続け、日本の改革もすすまないのか?など幅広い議論が繰り広げられました。

【パネリスト】
田原総一朗 (ジャーナリスト、当団体会長)
宮内 義彦 (オリックスシニアチェアマン、当団体理事長)
堺屋 太一 (作家、元経済企画庁長官、当団体アドバイザー)
浅田 均  参議院議員  維 新
東   徹    参議院議員  維    新
井坂 信彦 衆議院議員     民 進
木下 智彦 衆議院議員  維 新
長妻 昭     衆議院議員  民 進

当日の様子はこちら

 



160925 第4回万年野党第4回総会 政策シンポジウム「ハイパー・ポピュリズムと反グローバリズム」を開催しました。

【登壇者】

田原総一朗  ジャーナリスト(「万年野党」会長 )
宮内 義彦  オリックス シニア・チェアマン(「万年野党」理事長)※ビデオメッセージでの参加
堺屋 太一  作家(「万年野党」アドバイザー )
竹中 平蔵  慶應義塾大学名誉教授(「万年野党」アドバイザー )
野村 修也  中央大学法科大学院教授(「万年野党」アドバイザー )
八代 尚宏  昭和女子大学特命教授(「万年野党」アドバイザー)
柴山 昌彦  内閣総理大臣補佐官・衆議院議員

当日の様子はこちら:http://yatoojp.com/0925generalassembly-archive02/

 


 

160613 緊急・公開シンポジウム「待機児童対策を考える」を開催しました。

メディアや国会、安倍内閣でも緊急対策が公表され、保育士給与アップなどの方針などの方針も示され、今後の参院選でも大きな争点となることが見込まれる待機児童対策について、この分野で最も革新的な政策提言や最先端で活躍されている専門家3名をお招きし徹底討論を行いました。
スクリーンショット 2016-06-14 18.10.07

【登壇者】

鈴木亘氏(学習院大学経済学部教授)
八代尚宏氏(昭和女子大学 グローバル・ビジネス学部学部長)
駒崎弘樹氏(NPO法人フローレンス代表理事)
当日の様子、動画など、詳細はこちら→ http://yatoojp.com/20160613sympoarchive01/

 


 

・12/14「万年野党第3回総会・政策シンポジウム「外国人受入れを考える」+189国会三ツ星議員表彰式を開催しました。

当日シンポジウムの様子は会員専用ページにてご覧になれます。

第一部 政策シンポジウム「外国人受入れ、移民を考える」

外国人受入れ、移民に関しては、人口減少の進行などを背景に積極論がある一方、治安悪化などを懸念する声もあります。政府でも、安倍総理が国家戦略特区諮問会議にて「アニメ、和食、デザイン、ファッションなどに係る在留資格の見直し」を表明するなどの動きがあります。

識者のほか、与党キーマン、思い切った取り組みを進めつつある自治体首長らを交え、外国人受入れをどう進めていくのか討論しました。

(1)地方創生と外国人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 堺屋太一  作家、元経済企画庁長官
 ロバート・フェルドマン モルガン・スタンレーMUFG証券㈱・チーフエコノミスト
 岸 博幸  慶應義塾大学教授
 門脇光浩  仙北市長 (医療ツーリズムでの外国医師活用など)
 <ビデオメッセージでの参加>
 大村秀章・愛知県知事、小泉一成・成田市長、髙橋 浩人・大潟村長、堤盛吉・群馬県昭和村長
 <宮内義彦理事長あいさつ>

(2)一億総活躍から”外国人も活躍”へ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 登壇者
 柴山昌彦  衆議院議員、内閣総理大臣補佐官
 田原総一朗 ジャーナリスト
 竹中平蔵  慶應義塾大学教授
 八代尚宏 昭和女子大学特命教授
 梅澤高明  A.T.カーニー日本法人代表

 

第二部 三ツ星議員表彰式 

議員表彰(田原総一朗氏、磯山友幸氏)

スクリーンショット 2016-01-19 17.20.41

衆議院 参議院
足立 康史 維新 川田 龍平 維新
井坂 信彦 維新 中西 健治 無所属
緒方 林太郎 民主 福島 みずほ 社民
後藤 祐一 民主
鈴木 貴子 民主
田嶋 要 民主
玉木 雄一郎 民主
初鹿 明博 維新
山井 和則 民主

 


 

・9/15「万年野党第2回総会・政策シンポジウム〜第2次安倍改造内閣の重要政策を斬る〜」を開催します。

「万年野党第2回総会・政策シンポジウム〜第2次安倍改造内閣の重要政策を斬る〜」のご案内

【概要】

内閣改造を経て安倍内閣の第二幕がスタートしました。臨時国会の開幕も控え、政策面での課題は山積です。

今回は、5月の結党大会に続く「第2回万年野党総会」(会員の方々は無料で参加可)として、3つのパネルディスカッション(安全保障、経済政策、万年野党の活動の展望)と、前通常国会での国会議員活動データに基づく三ツ星議員表彰式を行ないます。

【日時】 2014年9月15日(月・祝)17時半-20時半(予定)

【受付開始】 17時

【場所】 虎ノ門ヒルズフォーラム ホールB

http://forum.academyhills.com/toranomon/index.html

【構成】

第一部   パネルディスカッション「集団的自衛権この秋に何を議論すべきか?」 <17:30-18:30>

田原 総一朗  (ジャーナリスト)

森本  敏   (拓殖大学教授、元防衛大臣)

中谷  元   (衆議院議員・自民党、元防衛庁長官)

枝野  幸男  (衆議院議員・民主党、元官房長官)

第二部 「三ツ星議員表彰式」 <18:30-19:10>

パネルディスカッション「万年野党の当面の重点課題」

・万年野党の今後の活動方針について理事・アドバイザリーボードメンバーのほか一般会員も交えて議論し、重点課題を決定します。

田原 総一朗(ジャーナリスト)

宮内 義彦(オリックス株式会社・シニアチェアマン)

堺屋 太一(作家・元経済企画庁長官)

岸 博幸(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科・教授)

磯山 友幸(経済ジャーナリスト)

ほか

第三部 パネルディスカッション「どうなる?アベノミクス第二幕」<19:20-20:30>

竹中  平蔵  (慶應義塾大学総合政策学部教授・産業競争力会議民間議員)

八代  尚宏(国際基督教大学客員教授、元経済財政諮問会議民間議員)

ロバート・フェルドマン(モルガン・スタンレーMUFG証券㈱・チーフエコノミスト)

原  英史(株式会社政策工房・代表取締役社長)

【主催】  特定非営利活動法人 万年野党

【参加費】

NPO法人万年野党会員: 無料

<入会(年会費3千円/学生の場合は千円)申込みと同時に参加申込み可能です>

取材関係者: 無料   一般: 4千円

メールアドレス: mannen.event@hotmail.com

【お問い合わせ・お申込み先】 E-mail:mannen.event@hotmail.com

(※ 「9月15日参加希望」およびお名前を明記のうえ、以下アドレスにメールを送信してください(入会申込みを兼ねる場合はその旨ご記載ください。))