メディア

コンビニ業界が低賃金の「外国人技能実習生」を欲しがるホンネ
人手不足はここまで深刻らしい
万年野党理事 磯山友幸 【現代ビジネス 20171213】

■急激な人手不足

コンビニエンスストア各社が加盟する業界団体「日本フランチャイズチェーン協会」が、外国人技能実習制度の対象として「コンビニの運営業務」を加えるよう、国に申し入れを行うという。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53819


「トランプの『エルサレム首都宣言』に困惑する安倍首相」
連載「ギロン堂」
万年野党会長 田原総一朗 【AERAdot. 20171213】

なぜいま、アラブとイスラエルの歴史的対立を際立たせるようなことをするのか。

・・・・・

詳細全文はこちら:https://dot.asahi.com/wa/2017121200032.html?page=1


「増税」「年金」「保険」で景気循環にブレーキを踏むアベノミクスの「矛盾」
万年野党理事 磯山友幸 【Foresight 20171212】

安倍晋三首相は「経済の好循環」を掲げて、円安などで潤った企業収益を「賃上げ」の形で家計に回すよう経済界に要請している。来年の春闘では5年連続のベースアップを実現するよう求め、定期昇給と合わせて「3%の賃上げ」を求めている。家計を潤わせて低迷している消費に火を付け、再び企業収益を底上げする「好循環」の起爆剤にしようとしているわけだ。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://www.fsight.jp/articles/-/43099


マイナンバーには反対するのに、SNSには個人情報を垂れ流し続ける。つくづく日本は変な国だなあ、と –
万年野党理事 岸博幸 【BLOGOS 20171212】

みんなの介護: 現在の高齢化問題についてはどう見ていますか?

岸: 高齢化問題には、“高齢化”と“人口減少”という2つの側面があります。“高齢化”というのは人口の構成比や平均年齢が変わること、“人口減少”というのは、人口の絶対数が変わることですから、これらは別々の問題として考えるべきだと思います。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://blogos.com/article/264723/


東芝、神鋼、三菱マテリアル、東レ、なぜ有名企業の不正事件が相次いで起きるのか?
万年野党会長 田原総一朗 【BLOGOS 20171211】

■日本企業の不祥事が相次いでいる。いずれも大企業、有名企業ばかりだ。

はじめは、東芝の不祥事だった。2015年に粉飾決算が発覚したのだ。09年から15年にかけて、東芝は利益を水増しして会計処理をしていた。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://blogos.com/article/264544/


パイロット不足が経済成長のネックに?
影を落とす「ギルド型」人材育成
万年野党理事 磯山友幸 【日経ビジネス 20171208】

■パイロット不足が顕在化

パイロット不足が経済の先行きに影を落とし始めた。増加を続ける訪日外国人客が日本国内で落とすおカネが、今や日本経済の下支え要因になっている。東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年には4000万人を受け入れる計画だが、大きなネックになり始めているのがパイロット不足。羽田空港の着陸回数を増やすなど大幅な増便を見込むが、飛行機を飛ばそうにもパイロットがいない、ではお話にならない事態だ。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/021900010/120700057/


「待機児童解消が急務」
万年野党アドバイザー小黒一正 【産経ニュース 20171208】

「これまでの社会保障制度は高齢世代や生活保護世帯を中心に想定しており、次世代の成長を担う若者世代も含め、全世代に配慮する『人づくり革命』は方向性としては間違っていない。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://www.sankei.com/economy/news/171208/ecn1712080060-n1.html


2018年、日本は本当の格差社会に突入する
万年野党アドバイザー城繁幸 【YAHOOニュース 20171208】

2018年というのは、雇用的にいろいろな節目の集中する年です。まず2013年施行の改正労働契約法で誕生した「有期雇用5年経過で本人が希望すれば無期雇用に転換しなければならない」という5年ルールがいよいよ作動する年です。それを受け、さっそく雇い止めの動きが活発化しています。

・・・・・

詳細全文はこちら:https://news.yahoo.co.jp/byline/joshigeyuki/20171208-00079035/


構造不況業種となった銀行に活路はあるか
「成長の時代」から「成熟の時代」に変わった日本
万年野党会長 田原総一朗 【日経ビジネス 20171208】

このところ、新聞各紙が一斉に「銀行の危機」を報じている。10月下旬から、みずほフィナンシャルグループ、三菱東京UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループの3メガバンクが大規模なリストラを相次いで発表したからだ。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/122000032/120700049/