メディア

岸博幸氏が語る総選挙「バラ撒きではなく経済政策を」
万年野党理事 岸博幸【TOKYOFM20170921】各紙の報道によると、衆議院解散のタイミングは臨時国会の冒頭となる9月28日(木)になる見込みです。
岸さんは今回の解散・総選挙について、「政治的に正しい」とした上で、「野党が弱いから、今ならある程度(自民党が)勝てるでしょう」とコメント。・・・・・詳細全文はこちら:http://tfm-plus.gsj.mobi/news/QzLQ4u3djT.html?showContents=detail


財務省は「借金」だけを見て財政再建を言うから間違える
万年野党アドバイザー 高橋洋一【ダイヤモンド・オンライン 20170921】

最近、財政問題でも、政府と日本銀行は一体と考える「統合政府」についていろいろな意見ができるようになった。統合政府を20年前くらいから主張している筆者としてはいい傾向だと思っている。
本コラムでも、2月23日付け「日本の財政再建は「統合政府」で見ればもう達成されている」などで書いたが、3月に来日したノーベル経済学者のスティグリッツ氏が経済財政諮問会議で話したことの意味は大きい。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://diamond.jp/articles/-/142889


あの人ってどうしてあんなに華麗な経歴なのにパッとしないの?と思った時に読む話
万年野党 アドバイザー 城繁幸【Joe’s Labo20170921】

世の中には、目を見張るような華麗な経歴や資格を持つ人材が稀に存在します。たとえば難関資格の代表である医師国家試験や司法試験を両方合格しているような人が典型ですね。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://jyoshige.com/archives/8952973.html


【メディア掲載情報】「週刊ポスト 2017.10.6号」に「三ツ星データブック」(当NPO発行)を参考にした記事が掲載されました。

2年半「仕事ゼロ」の議員も?!

記事内容こちら:週刊ポスト_170925

その他詳細は週刊ポストHP: http://www.weeklypost.com/171006jp/index.html


中国政府がビットコインの「全面排除」を決めた、本当の理由
体制を揺るがす可能性だってある
万年野党アドバイザー高橋洋一【現代ビジネス20170918】

■中国がビビる理由

最近、仮想通貨の価格が急上昇して話題になることが増えている。価格が上昇するのは人々のニーズが高いからであるが、それに対して、中国政府が厳しい規制で臨んでいる。さらに先日、米国投資銀行のトップが、仮想通貨は詐欺といって一時仮想通貨の価格が下落した。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52925


僕が安倍首相に提案した外交戦略の全貌
万年野党会長 田原総一朗【日経ビジネスオンライン20170915】

僕は7月に首相官邸を訪問し、安倍首相と1時間20分に渡って会談した。その場で、「政治生命を賭けた冒険をしないか」と、ある戦略を提案した。口外しないと約束し、僕はこれまで沈黙を守ってきたが、今回はその全てをお伝えしようと思う。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/122000032/091400037/


加計問題で臨時国会までも空転すれば、先進国の「笑い者」になる
万年野党理事 岸博幸 【ダイヤモンド・オンライン20170915】

■森友・加計問題に明け暮れた日本
米国から出てきた厳しい論調

それは、海外の日本を見る目が厳しくなってきているという現実です。9月6日付けで米ハフィントンポストに掲載された記事がそれを象徴しています。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://diamond.jp/articles/-/142314


動き出した、公務員定年「65歳」への延長論
官僚優遇を正当化する驚きの「論理」
万年野党理事 磯山友幸 【日経ビジネスオンライン20170915】

■政権維持が目的化し「魂を売った」との声

「もう誰も『公務員制度改革』なんて言わなくなった。長期政権のためには誰を敵に回さないことが大事かを第一に考えるようになった。霞が関は敵に回さないということだ」

・・・・・

詳細全文はこちら:http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/021900010/091400052/


解散風のウラに消費増税めぐる攻防? 改憲や「民進の体たらく」も相まって…
万年野党アドバイザー高橋洋一【J-CASTニュース20170914】

政治はスケジュールが重要だ。その点、5月3日(2017年)に安倍晋三首相が明言した「2020年新憲法施行」は大きなインパクトがあった。これを実行するためには、自ずとそれまでの政治スケジュールが決まってくる。

このスケジュールに反発したのが、左派系マスコミである。5月3日の安倍首相は、憲法改正の中身として、9条1項、2項を堅持した上で自衛隊の明記、教育の無償化だけを例示したのだが、左派系は中身などどうでもよく、とにかく憲法改正に反対なのだ。

・・・・・

詳細全文はこちら:https://www.j-cast.com/2017/09/14308506.html


トランプ大統領のやり方で、北朝鮮との戦争は避けられるか?
万年野党会長田原総一朗【agora-web 20170914】

■僕は今、たいへんな危機感を持っている。北朝鮮のことだ。

8月29日、北朝鮮が発射した中距離弾道ミサイルが北海道の上空を通過。襟裳岬の東およそ千キロの太平洋上に落下したのだ。さらに9月3日には、核実験をも断行している。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://agora-web.jp/archives/2028344.html