メディア

田原総一朗「『空気を破れない』日本企業で続発する不正が国を滅ぼす」
連載「ギロン堂」
万年野党会長 田原総一朗 【AERAdot. 20171206】このところ、世界市場で活躍している日本企業の信じられない不正事案が、次々に露呈している。なぜ、こうした不正が続発しているのか。・・・・・詳細全文はこちら:https://dot.asahi.com/wa/2017120500032.html?page=1


自民党はなぜこんなにも医者に甘いのか
医療費、またしても増えそうです
万年野党理事 磯山友幸 【現代ビジネス 20171206】

■薬価下げ分を医者に回す

またしても医療費は増え続けることになりそうだ。
自民党の「医療問題に関する議員連盟」は12月5日に国会内で総会を開き、2018年度の診療報酬改定で、医師の人件費などにあたる「本体」部分を引き上げるよう求める決議を採択した。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53732


炙り出される「日本的組織」の不始末 原因は終身雇用の崩壊にあり!
万年野党アドバイザー城繁幸 【JCAST 会社ウォッチ 20171203】

神戸製鋼の品質偽装に引き続き、日産自動車、スバル、東レといった名だたる製造業においても続々と品質偽装が発覚している。特に東レは日本経済団体連合会の現職の会長、榊原定征氏の出身企業であり、経団連自ら会員企業に調査を要請するまでの事態となった。

・・・・・

詳細全文はこちら:https://www.j-cast.com/kaisha/2017/12/03315423.html?p=all


「悪い」仲間意識が不祥事を生み日本を蝕む
不正が始まったきっかけは高度成長の終焉だった
万年野党会長 田原総一朗 【日経ビジネスオンライン 20171201】

日本企業の不祥事が次々と明るみになっている。11月28日には東レの子会社が検査データを改ざんしていたという不祥事が発覚した。東芝、日産自動車、神戸製鋼所、スバル、三菱マテリアル、そして東レと日本を代表する大企業で、なぜこんなにも不正やインチキがまかり通るのか。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/122000032/113000048/


12月を前に「Giving December」を考える
万年野党理事 磯山友幸 【Foresight 20171130】

■12月が「寄付月間」だということをご存じだろうか。

NPOや大学、企業、行政など寄付にかかわる関係者が連携して行う全国的なキャンペーン期間として、2015年に始まった。2016年には28のリードパートナー(13法人と15人の個人)と945の賛同パートナー(384法人と561人の個人)が「寄付月間」を支援。公式認定企画として、71に及ぶキャンペーンやイベントが全国で繰り広げられた。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://www.fsight.jp/articles/-/43051


地方こそ改善の余地
万年野党アドバイザー 冨山和彦 【日経新聞 20171130】

「英国の産業革命では蒸気機関が馬や牛に代わった。馬車産業で働く人は一時的に仕事を失ったが、新たに生み出した仕事の付加価値や賃金は大きかった。

・・・・・

詳細全文はこちら:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2404132029112017M10800/


「TPPは自由主義経済圏のルールで締結」 ―今、中国の融和政策に乗るのは危ない―
万年野党アドバイザー 屋山太郎 【BLOGOS 20171006】

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)は5年半の歳月をかけて2016年2月に署名したが、翌17年1月にトランプ大統領が離脱のための大統領令に署名したことで、発効が不可能になった。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://blogos.com/article/262135/