メディア

正しい雇用論議無き民進党代表選がそっぽを向かれるのは当然だ
万年野党アドバイザー 高橋洋一【ダイヤモンド・オンライン20170824】民進党の代表選が8月21日に告示された。前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官の一騎打ちだ。新代表が民進党の党勢を復活させられるかどうかのカギは、自民党の「受け皿」になると有権者に再び支持されるかどうかだ。が、肝心要の経済政策ではまったく心許ない。・・・・・詳細全文はこちら: http://diamond.jp/articles/-/139641


岸博幸氏、働き方改革を批判「生産性上がるか疑問」
万年野党理事 岸博幸 【exciteニュース20170823】

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。8月23日(水)の放送では慶應義塾大学大学院教授の岸博幸さんに、働き方改革について伺いました。
政府が掲げる新たな政策「人づくり革命」。その中で、大学授業料を無償化し、卒業後所得が一定の額を越えると返金する出世払い方式などが検討されています。

・・・・・

詳細全文はこちら: http://www.excite.co.jp/News/column_g/20170823/TokyoFm_tSwXpCRbXu.html


子どもが間違った報道に踊らされないために
出す側の理屈と受け手の注意を絵本で学ぶ
万年野党アドバイザー 下村健一【東洋経済オンライン 20170823】

元TBS報道キャスターの下村健一さんによる最新刊『窓を広げて考えよう 体験!メディアリテラシー』が2017年7月18日、発売となりました。下村さんは現在は、白鴎大客員教授として教鞭をとる他、小学5年の国語教科書に執筆するなど、子ども達のメディア教育にも力を入れています。これまで著書を5冊出版してきましたが、今回は初めて「絵本」という形で出版されました。

・・・・・

詳細全文はこちら: http://toyokeizai.net/articles/-/185135


中国の『懲らしめ』で孤立する北朝鮮に高まる緊張」
万年野党会長 田原総一朗 【AERA dot. 20170823】

中国が北朝鮮への国連安全保障理事会の制裁決議を受け入れた。ジャーナリストの田原総一朗氏がその理由を明かす。

・・・・・

詳細全文はこちら:https://dot.asahi.com/wa/2017082200011.html?page=2


「儒教中国、朝鮮に謝り続けた戦後日本外交の大失敗」
―「歴史」「慰安婦」「徴用工」―
万年野党アドバイザー 屋山太郎  【日本戦略研究フォーラム 20170823】

「核・ミサイル開発をやめよ」とトランプ大統領は北朝鮮を真剣に脅かしている。「軍事力を使うな」とトランプ大統領にブレーキをかけていたのがバノン首席戦略官兼上級顧問だった。トランプ氏に「米国優先」の旗を振らせたのもバノン氏だった。そのバノン氏が解任されて、米朝関係は一体どうなるのか。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://www.jfss.gr.jp/home/index/article/id/449


田原総一朗さん、「政治生命を懸けた冒険」って?
「ミサイル」解決へ首相は動く 対北朝鮮、月内にもアクション 【毎日新聞 20170822】

どうにも気になる。ジャーナリストの田原総一朗さんが、である。先日、安倍晋三首相と官邸で会談し、「政治生命を懸けた冒険」を持ちかけた、と報じられているからだ。これに首相も乗り気だというから、中身が気にならないはずがない。田原さんを直撃した。【吉井理記】

・・・・・

詳細全文はこちら:https://mainichi.jp/articles/20170822/dde/012/040/035000c


日本を完全雇用・適度なインフレに導く、極めて効果的な方法があった
いまこそ財政支出の「ダメ押し」が必要だ
万年野党アドバイザー 高橋洋一【現代ビジネス 20170821】

■消費増税すべき、だと…?

内閣府が14日に発表した2017年4~6月期GDPは年率4.0%増、プラスは6四半期連続となった。名目GDPの成長率も年率4.6%と好調だった。名目は2四半期ぶりにプラスになった。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52640


技術者を大切にしない日本企業
万年野党アドバイザー 城繁幸【Yahoo!ニュース 20170821】

ここ数年、東芝やシャープ、ニコン、JDIといった日本の大手製造業で再び早期退職募集がブームとなっている。日本の場合、人員整理は割増退職金等を用意したうえで退職希望者を募集する早期退職募集以外にないからこうなるのは仕方がないことではあるが、組織再生の手段としては非常に効率の悪いアプローチと言える。いい機会なので まとめよう。

・・・・・

詳細全文はこちら:https://news.yahoo.co.jp/byline/joshigeyuki/20170821-00074773/


新体制「GPIF」にガバナンスは効くか
万年野党理事 磯山友幸 【新潮社フォーサイト  20170821】

140兆円を超す国民の年金資産を預かるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が組織改編を行い、10月1日から新体制に移行する。業務執行を担う理事会の上に「経営委員会」を新設、中期の運用方針や役職員の報酬といった重要事項を決める。これまで理事長に集中していた権限を、合議制の経営委員会に移し、GPIFのガバナンスを強化するのが狙いだ。これで、私たちの年金資産が守られる体制が出来上がるのだろうか。

・・・・・

詳細全文はこちら: http://www.fsight.jp/articles/-/42671


都議選総括、人々が保守政党を欲していることは明らか
万年野党アドバイザー 屋山太郎  【NEWSポストセブン 20170819】

長年、自民党政治を観察しつづけてきた政治評論家の屋山太郎氏。安倍政権を支持する姿勢を明確に打ち出してきた同氏だが、さすがに今の状況を見て、「自民党と切磋琢磨するもう一つの保守政党が必要だ」と指摘する。

・・・・・

詳細全文はこちら:https://www.news-postseven.com/archives/20170819_603885.html