メディア


どうなる「高度プロフェッショナル制」
労働基準法改正案を巡り、秋の国会で与野党激突?
万年野党理事 磯山友幸 【日経ビジネスオンライン 20170818】

■残業時間の上限規制は労働組合の「悲願」

安倍晋三首相が掲げる「働き方改革」が大きなヤマ場を迎える。秋の臨時国会で審議される見通しの労働基準法の改正案を巡って、与野党の攻防が予想されるからだ。

・・・・・

詳細全文はこちら: http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/021900010/081700050/

 


公共事業が民需誘発し高成長 GDPは補正予算の効果反映、経済政策の手緩めれば元のもくあみに…
万年野党アドバイザー 高橋洋一 【zakzak 20170818】

内閣府が14日発表した2017年4~6月期国内総生産(GDP)速報値は年率4・0%増、プラスは6四半期連続となった。名目GDPの成長率も年率4・6%増と好調で、2四半期ぶりにプラスになった。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170818/soc1708180001-n1.html


先日発足した第三次安倍改造内閣が掲げるキーワードのひとつが“人づくり革命”。
万年野党理事 岸博幸 【TOKYO FM「クロノス」20170816】

「これまでも“一億総活躍”とか大仰な言葉が多かったんですけど、いよいよ激しくなってきているなって感じがしますね」とバッサリ。

・・・・・

詳細全文はこちら: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00010006-tokyofm-life


 働き方改革の「本気度」を測る「新たな会議」に注目せよ 去る7月に、ひっそりと立ち上がった
万年野党理事 磯山友幸 【現代ビジネスオンライン 20170816】

マスコミは気づいていないが内閣改造が目前に迫っていた7月31日、厚生労働省でひとつの会議が始まった。労働政策の決め方を抜本的に変えるかもしれない会議体の初会合だったが、メディアはあまり取り上げず、世間の耳目も集めていない。

その会議体の名は、労働政策審議会「労働政策基本部会」という。昨年12月14日に「働き方に関する政策決定プロセス有識者会議」が出した報告書を受けて、新設が決まったものだ。

・・・・・

詳細全文はこちら: http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52603


官邸が「1校限定」や「加計限定」を求めた事実は全くない――当事者からみた加計問題の真実
万年野党理事 原英史 【ガジェット通信 20170815】

加計問題について、私は当事者だ。国家戦略特区ワーキンググループ(以下「特区WG」)の委員を務め、一連の政策決定プロセスには直接関わってきた。当事者として知る限り、総理の友人関係など、政策決定には全く関係がない。利益誘導がなされていたかのように繰り返し報じられ、“疑惑”が未だ晴れないことは、本当に残念でならない。

・・・・・

詳細全文はこちら: http://getnews.jp/archives/1869599