メディア

「安倍首相に問う。水掛け論以下の加計答弁は納得できない」
万年野党会長 田原総一朗  【AERA dot. 20170802】ジャーナリストの田原総一朗氏は、安倍晋三首相に厳しい言葉を贈る。
安倍晋三首相はどんな意向があって7月24、25日に衆参の予算委員会の閉会中審査を開いたのか。国民にいったい、何を訴えたかったのか。それが、さっぱりわからない。・・・・・詳細全文はこちら: https://dot.asahi.com/wa/2017080100057.html

連合が残業手当ゼロ法案に賛成したワケ
万年野党アドバイザリーボード 城繁幸 【Yahooニュース 20170728】先日、連合が高度プロフェッショナル制度の導入に条件付きながら賛成に回ったことが話題となりました。「年収1075万円以上で為替ディーラーやアナリスト等の専門職」にかぎって時給管理を外すという制度で、朝日新聞や連合自身が“残業代ゼロ法案”と呼んでこれまで一貫して反対し続けてきたものです。・・・・・詳細全文はこちら: https://news.yahoo.co.jp/byline/joshigeyuki/20170728-00073835/

岸博幸氏 内閣改造は「サプライズに欠ける」注目は“選対委員長”
万年野党理事 岸博幸 【日刊アメーバニュース 20170802】中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。
8月2日(水)の放送では、安倍内閣の改造人事について慶應義塾大学大学院教授の岸博幸さんに伺いました。・・・・・詳細全文はこちら: https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12199-U34dhoR0Oj/

安倍政権は本当に危機的なのか、「あの法則」を使って検証してみた
万年野党アドバイザー 高橋洋一 【現代ビジネスオンライン 20170731】■安倍政権は「危険水域」か?報道各社の世論調査で、軒並み安倍政権の支持率が低下し、不支持率が上回る数字となっている。この原因は何か。この傾向は今後も続くのか。今回はそれを考察したい。・・・・・詳細全文はこちら: http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52435

最低賃金引き上げで「時給1000円」時代へ
安倍首相の求心力低下がリスク
万年野党理事 磯山友幸 【日経ビジネスオンライン 20170728】■年3%程度の引き上げが続く東京の最低賃金が1000円を超える日が近づいている。厚生労働省の中央最低賃金審議会は7月25日、2017年度の最低賃金の目安を決めた。全国平均で時給を25円引き上げ848円にするほか、東京都は26円引き上げて958円とした。今後、各都道府県の審議会が、地域別の最低賃金を正式に決め、10月をめどに改定後の最低賃金が適用される。・・・・・詳細全文はこちら: http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/021900010/072700049/?P=1

加計学園問題は「絶好の教材」 問われるメディア・リテラシー
高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ
万年野党アドバイザー 高橋洋一【JCASTニュース20170727】加計学園問題の報道を見ていると、一部マスコミ(朝日、毎日、東京)の報道はかなり偏っているといわざるを得ない(たとえば産経ネット版記事「朝日と毎日は『ゆがめられた行政が正された』の加戸守行前愛媛県知事発言取り上げず」2017年7月12日配信)。テレビのワイドショーは、それをさらに増幅している。・・・・・詳細全文はこちら: https://www.j-cast.com/2017/07/27304315.html?p=all

加計問題等の本質:公文書管理や政治主導・幹部人事のあり方を再考する
万年野党アドバイザリーボード 小黒一正 【Yahooニュース 20170727】今回の加計学園を含む一連の事件は、綺麗ごとでは済まされない、少なくとも3つの大きな問題を“浮き彫り”にした。第1は「公文書管理のあり方に関する問題」、第2は「岩盤規制を打ち砕く政治主導のあり方に関する問題」、第3は「内閣人事局のあり方に関する問題」であり、我が国の統治機構のあり方や行く末において、これらの問題は互い深く関連する。・・・・・・詳細全文はこちら: https://news.yahoo.co.jp/byline/kazumasaoguro/20170727-00073775/

岸博幸氏「一番の問題は安倍首相」説明不足を指摘
万年野党理事 岸博幸 【exciteニュース 20170726】中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。7月26日(水)の放送では、24日(月)、25日(火)に開催された閉会中審査について、慶應義塾大学大学院教授の岸博幸さんに話を伺いました。・・・・・詳細全文はこちら: http://www.excite.co.jp/News/column_g/20170726/TokyoFm_tcpGbu2O3t.html

「安倍総理には呆れ果てた」
万年野党会長 田原総一朗 【BLOGOS 『月刊日本』編集部 20170725】記者 7月2日、自民党が都議選で惨敗しました。この結果をどう見ていますか。
田原 これは自民党の責任ではなく、安倍首相の責任です。つまり、都民が安倍首相にあきれ果てたということ。・・・・・詳細全文はこちら: http://lite.blogos.com/article/236365/

消費増税なんて必要ナシ!?日本経済の本当の話をしよう
国債は暴落しないし、借金だって問題ナシ
万年野党アドバイザー 高橋洋一 【現代ビジネス 20170720】安倍政権の支持率が落ちてきたのと前後して、自民党内でも「消費税増税派」を中心に「このままでは日本は財政破綻する」「日本国債が暴落する」といった財政再建のための勉強会が開かれ、アベノミクス批判が強まっている。
マスコミが財政危機を煽ることもあり、「そんなに危機的なら消費増税も仕方ないか」と考えるようになった読者も少なくないことだろう。
だがこれは本当だろうか? 安倍政権の危機的状況に乗じた財務省の巻き返しではないだろうか? 国債暴落や財政破綻の可能性について、先ごろ日本経済の真の姿をわかりやすく解説した入門書『勇敢な日本経済論』(講談社現代新書)を出した高橋洋一氏とぐっちーさん(山口正洋氏)に論じ合っていただこう。・・・・・詳細全文はこちら: http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52109