メディア

「移民政策なし」でも外国人労働者「激増」の実態
万年野党理事 磯山友幸 【Foresight 20180129】猛烈な人手不足を背景に、外国人労働者の増加が止まらない。厚生労働省が1月26日に発表した「『外国人雇用状況』の届出状況まとめ」によると、昨年10月末時点での外国人雇用数は127万8670人と前年比18%増加、5年連続で過去最多を更新した。・・・・・詳細全文はこちら:http://www.fsight.jp/articles/-/43258


「人脈はみんなで使うから意味がある」
万年野党会長 田原総一朗 【JAPAN Forbes 20180129】

日本のジャーナリストで最も顔が広いと言われる田原総一朗。
政財界を中心に圧倒的、かつ多彩な人間関係を築き、若い起業家からも支持される。そんな人脈の達人に訊く、人とのつながりで大切なこととは。

・・・・・

詳細全文はこちら:https://forbesjapan.com/articles/detail/19444


いよいよ「働き方改革」が法案審議に
万年野党理事 磯山友幸 【日経ビジネス 20180126】

■「70年ぶりの大改革」は実現するか

「働き方改革」を巡る国会論戦がスタートした。1月22日に2018年の通常国会が開幕し、衆参本会議場での安倍晋三首相による施政方針演説と代表質問が行われた。
安倍首相は施政方針演説で「働き方改革を断行いたします」と宣言し、「戦後の労働基準法制定以来、70年ぶりの大改革」に乗り出す意欲を示した。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/021900010/012500060/


「出世払い型」奨学金の導入を
万年野党アドバイザー小黒一正 【日経ビジネスDIGITAL 20180126】

財政負担の小さい教育支援策
政府の財源が限られるなか、教育政策にも効率性が強く求められている。幼児教育無償化に並び重要な高等教育向けの奨学金拡充では、豪州の先例に学ぶところが大きい。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/NBD/15/093000009/011900121/?ST=pc


大阪だけ百貨店絶好調の「怪現象」理由はここにあった
「商都復活」の兆しか?突出する売り上げ増
万年野党理事 磯山友幸 【現代ビジネス 20180125】

■消費が今ひとつ盛り上がらないと言われる中で、大阪がひとり気を吐いている。

日本百貨店協会が1月23日に発表した全国百貨店売上高(店舗数調整後)では、大阪地区の売り上げが前年同月比12カ月連続でプラスを続け、2017年1月から12月の累計では、6.6%の増加となった。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54224


安倍首相の施政方針演説に「がっかりした」理由
万年野党理事 岸博幸 【TOKYO FM+ 20180125】

岸さんは「特に昨年の半ばころから景気が良くなってきており、この好景気はさらに加速するだろう」と述べ、「(日銀が掲げる)2%の物価上昇にこだわらなければ今年中にデフレ脱却宣言をすることも十分可能」と今後も景気が上向くと予想。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://tfm-plus.gsj.mobi/news/RlJDCdtYcL.html


『君たちはどう生きるか』をキャリアデザイン的に解釈する
万年野党アドバイザー城繁幸 【Joe’s Labo 20180125】

100万部を超えNHKでも特集が組まれたほど話題となったので、名前くらいは耳にしたという人も少なくないはず。元々は1930年代に書かれた児童向けの教育書を漫画化した本書ですが、21世紀の今も生き方に悩む人間は多いということでしょう。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://jyoshige.com/archives/9053672.html


安倍首相はなぜ「リフレ派」になったのか
万年野党アドバイザー 高橋洋一 【ダイヤモンド・オンライン 20180125】

経済評論家の上念司氏が面白いものを書いていた(“週刊「1億人の平成史」 第19回 上念司さんの「アベさんがアベノミクスにたどり着くまで」”)。
もっとも、この記事は上念氏らが「リフレ派」に入った経緯を書いているが、安倍首相のことは書かれていない。安倍首相がどのようにリフレ派になっていったのか、筆者はその当時のことを知っている。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://diamond.jp/articles/-/157072


高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ
教育国債で研究開発予算の増額を 京大iPS研「論文不正」の背景とは
万年野党アドバイザー 高橋洋一 【Jcastニュース 20180125】

京都大iPS細胞研究所(CiRA)で、助教による研究論文捏造があった。その件で、ノーベル賞受賞者の山中伸弥所長の責任を追及する向きもある。

・・・・・

詳細全文はこちら:https://www.j-cast.com/2018/01/25319573.html?p=all