メディア

安倍総理の賃上げ3%要請が「働き方改革」に矛盾する理由
万年野党アドバイザー 八代尚宏 【ダイヤモンド・オンライン20180124】■安倍総理が打ち出した春闘の賃上げ率3%要請アベノミクス5年間の成果として、大幅な金融・財政の拡大による企業利益の増加と株価水準の高まりが挙げられる。他方で、安倍政権の公約したデフレ脱却は十分に進んでいない。・・・・・詳細全文はこちら:http://diamond.jp/articles/-/156424


「中国が北朝鮮を見放したことを示す『強烈なメッセージ』」
万年野党会長 田原総一朗 【AERAsot. 20180124】

北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐって、20カ国が参加する外相会合が1月16日、カナダのバンクーバーで開かれた。そして、前日には北朝鮮に対して圧力を強めるか、対話を重視するかで温度差が生じたのだが、16日の外相会合では、北朝鮮への圧力を強化することで結束した。

・・・・・

詳細全文はこちら:https://dot.asahi.com/wa/2018012300015.html?page=1


「財政問題」でまた財務省の言いなりになる、ポチマスコミの情けなさ
いつまで同じことを繰り返すのか…
万年野党アドバイザー 高橋洋一 【現代ビジネス 20180122】

■ICANについてどうしても言っておきたいこと

先週の本コラムで、北朝鮮リスクと国内増税派リスクの内憂外患について書いた。前者に関連するが、ノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長が来日し、安倍晋三首相と面会できなかったことが話題になった。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54205


「国民は民進党や希望の党には期待していない」
万年野党会長 田原総一朗 【BUZZニュース. 20180121】

1月21日に放送されたBS朝日「激論!クロスファイア」で田原総一朗氏が「国民は民進党や希望の党には期待していない」と語る場面がありました。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://www.buzznews.jp/?p=2114418


債務残高対GDP、25年後に350%超となる確率は約43%
万年野党アドバイザー小黒一正 【Business Journal  20180120】

2018年は明治維新から150年目の節目で、かつ、新元号の決定を行う年でもあるが、財政においても大きなイベントが2つある。ひとつは、19年10月に予定する消費税率10%への引き上げに関する政治判断であり、もうひとつは財政健全化フレームの見直しである。

・・・・・

詳細全文はこちら: http://biz-journal.jp/2018/01/post_22048.html


インバウンド消費を失速させるな
訪日客4000万人には、円安持続が重要
万年野党理事 磯山友幸 【日経ビジネスオンライン 20180119】

■2017年の訪日外国人は2869万人に

2017年1年間に日本を訪れた外国人が2869万人にのぼり、2016年に比べて19%と大幅な増加になった。日本政府観光局(JNTO)が1月16日に発表したもので、過去最高になった。

・・・・・

詳細全文はこちら: http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/238117/011800068/


「子どものスマホ害毒」を訴えたアップル大株主に日本人が学ぶこと
万年野党理事 岸博幸 【ダイヤモンド・オンライン 20180119】

■親が子どもを適切に管理すべき
大株主がスマホの悪影響を指摘

日本ではあまり話題になっていませんが、米国では1月6日にアップルの大株主である2つのファンドがアップルに公開書簡を提出しました。その内容があまりに正論であり、この行動から日本が学ぶべき点もあると思いますので、今回はその内容を紹介したいと思います。

・・・・・

詳細全文はこちら: http://diamond.jp/articles/-/156383


石破茂×冨山和彦×猪瀬直樹 日本文明研究所シンポジウム載録
アベノミクスのその先の再生戦略
【読書人web  20180119】

二〇一七年十一月二十九日、日本文明研究所の第十回シンポジウム「これからの日本はどうしたらよいのか?―アベノミクスのその先の再生戦略」が行われた。登壇者は、自由民主党元幹事長、初代地方創生大臣の石破茂氏、経営共創基盤代表取締役CEOで数多くの企業変革や業界再編に携わる冨山和彦氏、モデレーターを作家で当研究所所長の猪瀬直樹氏が務めた。・・・・・

詳細全文はこちら:http://dokushojin.com/article.html?i=2738


経団連の賃上げ指針は本当に効果があるのか
万年野党アドバイザー城繁幸 【YAHOOニュース 20180119】

経団連が2018年の春闘に向けた指針の中で「3%の賃上げ方針」を明記したことが話題となりました。労働組合が目標として掲げることはあっても、経営側が方針として提示することは異例中の異例と言っていいでしょう。

・・・・・

詳細全文はこちら:https://news.yahoo.co.jp/byline/joshigeyuki/20180119-00080620/


岸博幸氏、銀行の仮想通貨参入は「勇気ある行動」
万年野党理事 岸博幸 【TOKYO FM+ 20180118】

抜粋〜岸さんは、「銀行から別業種へ人材が流れたり、逆に別業種から金融に移動することは金融業界にとって決して悪いことではない」と言い、今後のサービス向上や環境変化による銀行の新たなチャンス到来の可能性を示唆します。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://tfm-plus.gsj.mobi/news/cFRH0khiN4.html?showContents=detail


年金受給開始年齢 70歳超も「日経モーニングプラス」
万年野党アドバイザー鈴木亘 【BSJAPAN 20180118】

学習院大学 鈴木亘(すずき・わたる)教授の試算によると、社会保障の世代間格差は1940年生まれと2005年生まれでは、なんと8,000万円もの世代間格差があるとの指摘も出ています。

・・・・・

詳細全文はこちら:http://www.bs-j.co.jp/yomu/news/entry/2018/001295.html